ティニ・ミウラ(Tini Miura)


世界的な装幀装飾の第一人者。

1940年西ドイツのキールにて美術大学教授の父と作曲家ブラームス家系の母の間に生まれる。

ドイツの美術学校卒業後、パリのエコール・エスティエンヌ美術大学で美術と装幀芸術を学び、世界の製本製幀コン

クールで数々の最優秀賞を獲得。イギリスのエリザベス女王、スウェーデンのグスタフ国王をはじめとする各国の王室の公

式文書や特大鳥類図鑑『アメリカの鳥』、特大植物図鑑『ボタニカ・マグフィニカ』など各国の美術館、博物館、大学図書

館の私蔵本、蒐集家の愛蔵本などを多数制作。

また、1963年より製本製幀家の最高の名誉であるノーベル賞賞状の制作を行い、日本のノーベル賞受賞者、朝永振一郎博士

や川端康成先生の賞状の制作も担当した。

パリ、ボストン、東京、大阪、上海、青島など世界の都市で40回以上の展覧会を開催。東京とロサンゼルスにアトリエを

持ち、現在も国際的に活躍中。また米国製本装幀大学の創立者であり、学長及び教授、明星大学客員教授、広島市立大学講

師、中国・国立青島市美術館顧問などの役職を務めている。

著書に、『私の製本装幀芸術の世界』『ティニ・ミウラの世界』『美しい本』『世界の巨匠ティニ・ミウラの手作り豪華本

 1990-2015』などがある。

夫はマーブルペーパー研究・創作の第一人者である三浦永年氏。ロートレック、ミュシャなどのコレクターでもあり、宮城

県立美術館、川崎市民ミュージアムなどに寄贈した作品は700点を超える。

2017年4月、宮城県登米市に「宮城芸術文化館」をオープンし、館長に就任。

宮城県登米市にある『宮城芸術文化館』。ティニ・ミウラ氏の豪華装幀本やタペストリー、夫の三浦永年氏のマーブルペーパー作品などを見ることができる。

ティニ・ミウラ氏がデザイン・制作を担当した川端康成先生のノーベル文学賞賞状