Gallery

 当サイトで保有しているTini Miura氏の絵画作品を紹介しています。サムネイルクリックで作品の詳細ページが開きます。尚、こちらで公開されている作品は作者ご本人様と持ち主様からの委託を受け、すべてオークション形式でのご購入が可能です。現在価格は変動がある毎に表示が更新されます。作品のご購入をお考えの際は、是非この機会にオークションへご参加ください。(オークション・ご購入方法詳細はコチラ)


マーブル・ペーパーとは、日本古来の「墨流し」が源流ともいわれる、絵具を水面にたらして出来た模様を紙に写し取るというヨーロッパで主に製本等に使用された伝統的な装飾紙のこと。出典:三浦永年(1988年)『魅惑のマーブル・ペーパー』

下記のティニ・ミウラ氏制作のマーブル・ペーパーは薬剤等の素材から模様の技法まで一貫して行うオリジナルの一点ものの作品となっており、製本装丁技術を活かした「革」*と「箔押し」の装飾が施されています。

ティニ・ミウラ氏の夫、三浦永年氏はこのマーブル・ペーパーの制作者・研究家であり、氏のマーブルペーパーも素材から模様の技法まですべて一貫して行うオリジナルの作品となっており、永年氏の保有する古今東西の貴重なマーブルペーパーコレクションは世界一といわれ、現在は氏の故郷である宮城県登米市の宮城芸術文化館で見ることができます。(上画像はティニ・ミウラ氏制作のマーブルの一例)*出品させていただいている下記作品の中には革装飾がないものもございます。